© Hiroki MATSUI All Rights Reserved.

《あとがきより》

都会でも、手つかずの大自然でもない。
人の営みと自然の境界線をなぞるような、そんな世界を見ていたい。
美しく怖い向こう側を、大きな季節の光に包まれながら覗き込むように見ていたいのだ。
そこでは誰もが驚くようなことは起きないかもしれないが、いつまでもあたり前の景色に喜べる自分でありたいと思う。
喜びは、僕の心を光でいっぱいにしてくれる。
その光が消えて忘れてしまわないように、僕はこれからもシャッターを押し続ける。

光溢れた日本の景色。
心に溢れる光は、生きる喜びの光なのだ。


《Afterword》

Neither urban areas nor untouched wilderness.
Somewhere around the border between human lives and the nature, that is the world I want to see.
I want to gaze into the other side of the border, which is beautiful and awesome, while embraced by the great seasonal light.
There may be no surprise, but I want to forever stay myself, who can find delights in ordinary sceneries.
Such delights fill my heart with light.
To catch the light before it vanishes and is forgotten, I continue to release the shutter.

The landscapes of Japan overwhelm me with the light.
The light that fills my heart is that of joy of living.

SUNNY

¥3,500価格
  •  

    2015 PINE TREE BOOKS

    96pages / hard cover / color 46images / size H220 x W260mm

     

    350 edition  /  800g