KITAKAZE

 

2001年の春、網走という小さな町に移り住んだ。

18才から4年間暮らしたその町は、短い夏には鮭が遡上し長い冬には流氷が海を覆い尽くす町だった。

人の営みが大きな自然に包み込まれていると初めて感じた。

土地の自然が生み出すあたり前の光景に惹かれた僕は、ただ目の前に感動する喜びを覚えた。

 

2005年に網走を離れ、しばらく寂しさを抱えていた。

あたり前に見ていたことが残像となり、それはもう心の中にしかなかったからだ。

ただ単純に目の前に感動するということが生きる喜びになっていたことに気づき、

それを残すことを考えたとき写真を撮ることを始めた。

忘れたくないものを写すことで、感じていた寂しさを満たせるような気がした。

 

2007年、カメラを持って初めて訪れた町は網走。

北の風に吹かれ、僕の写真が始まった。

 

 

In the spring of 2001 I moved to a small town called Abashiri.

That town, where I spent four years from the age of 18, sees the salmon return in each short summer and ice floes cover the ocean every long winter.

There I for the first time felt nature encompass all human activity.

Attracted by the simple scenes born of nature I learned to enjoy just being moved by what was in front of me.

I left Abashiri in 2005, bearing for some time after a feeling of desolation.

What I’d taken for granted turned into after-images that only existed in my soul.

It was after realising that what brought me joy was being moved by what I saw that I took up photography, out of my desire to preserve it.

I felt that by photographing what I did not want to forget I might fill the loneliness I felt.

The first town I visited carrying a camera, in 2007, was Abashiri.

I took my first pictures there, buffeted by the North Wind.